たるみ・シミ・シワ モテ・身だしなみ 男の肌なやみ

若く見られたい男性集合★顔のたるみ改善で見た目-5歳若返る!

スキンケア部へようこそ★

さっそくですけど、

【若く見られたい】ですよね?

ね!…ね!(笑)

そりゃだれだって若く見られたいですよ~ 😎

ちまたのアンケートとかだと、男性(30代以上)の50%以上が【若く見られたい】と回答しているそうです。

 

【若く見られたい】と思うことはごくごく自然なこと!

そして若く見られたいなら、まず肌のたるみ&シワ改善が必要です。

たるみやシワの改善方法や効果のある美容成分、気をつけるべき生活習慣などをまとめましたので、ぜひとも参考にしてください。

それではさっそく参りましょう、ラインナップはこちらです。

 

【男性必見】若く見られたいなら顔のたるみを改善させよ

顏のたるみがおこる仕組み

肌の土台である真皮は、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力成分によって保たれています。

加齢や紫外線などが原因で、真皮がダメージを受けると、肌のハリを失って肌がたるみ、シワとなるわけです。

さらにたるみのもうひとつの原因は【皮下脂肪やさらに深いところにある表情筋や頭蓋骨が凝り固まる(萎縮)こと】!

これら2つの原因により、顏がたるんでしまい、シワとなってしまいます。

 

老け顔に見えるのはたるみとシワのせい

老けて見えるのは、言わずもがな

【肌のたるみとシワ】のせい。

 

肌にハリがなくなると、たるみやシワができてしまい、見た目年齢を大きく左右します。

逆に言えば、顏のたるみやシワを改善できれば、見た目年齢も大きく若返ることができるのです!

 

たるみ改善方法

即効性をもとめるのであれば、美容クリニックで

  1. レーザー治療(コラーゲン回復)
  2. 超音波治療(HIFUハイフ)
  3. ヒアルロン酸注入療法

などの方法があります。

ただこれらの治療は、定期的なメンテナンスが必要であることをわすれずに!

かんたんにですが、治療内容を以下の表にまとめましたので参考にしてください。

治療名 内容
レーザー治療 ダイオードレーザーとRF(高周波)という2つの異なるエネルギーを同時に照射し、それらにより真皮層のコラーゲンの生成をうながす治療法
超音波治療(HIFUハイフ) 皮下組織・SMAS筋膜に超音波を1点に集中させ、表面の皮膚を火傷させずに熱でひきしめる仕組みで、肌のたるみを改善する治療法
ヒアルロン酸注入療法 ヒアルロン酸を注射で注入し、たるみを引き上げる治療法

 

そのほか、長期的に改善していく方法であれば、以下の4つがおすすめ!

  1. スキンケア用品(化粧品)を根気よく使いつづける
  2. 顏のマッサージで肌細胞を活性化させる
  3. しっかり保湿して肌を乾燥させないこと!
  4. 紫外線を徹底ブロック!

スキンケア用品(化粧品)を根気よく使いつづける

スキンケア用品(化粧品)は医薬品とちがって、効果が出るまでに時間がかかります。

使ってすぐに効果がでないからとやめてしまうのではなく、数ヶ月は同じものを使いつづけてみましょう。

ただし、炎症やお肌のトラブルが出たときにはすぐに使用をやめ、皮膚科を受診してくださいね。

 

顏のマッサージで肌細胞を活性化させる(舌エクササイズ・ヘッドマッサージ・美顔ローラー)

お家でもできる顔のマッサージ方法をご紹介します。

〇舌エクササイズ

口を閉じて、下で歯茎をなぞりましょう。

口のなかをぐるーっと一周するのを1回として、10回くらいを1セットとすると良いです。

慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

表情筋が引き締まり、たるみに効果バツグンです。

 

〇ヘッドマッサージ

あたまと顔の皮膚はつながっているため、ヘッドマッサージも顔のたるみに有効です。

ヘッドマッサージにより血流がよくなり、たるみやシワの改善につながります。

指の腹をつかって、痛きもちいいくらいの力であたまをマッサージしてください。

めんどくさい人は、シャンプーするときに頭皮を動かす意識をもつだけでも、かなり効果が期待できますよ。

 

〇美顔ローラー

美顔ローラーを使うと顔のむくみなどが改善できます。

ただし美顔ローラーの効果は、一時的なものなので注意が必要です。(たるみを根本的に改善するものではない)

美顔ローラーを使うときには、たっぷりのクリームなどで肌に摩擦が起きないようにしてくださいね。

 

たっぷり保湿して肌を乾燥させないこと!

シワは肌にうるおいを与えることで改善されます。

洗顔のあとはかならず、化粧水や乳液で肌を保湿してください。

たっぷり保湿することで、肌のうるおいとやわらかさを保ち、シワを定着させにくくしましょう!

 

紫外線を徹底ブロック!

UVケアをしている人としていない人では、10年、20年…と年を追うごとに肌に差が出ます。

男性はまだまだ日焼け止めを塗る習慣がありません…。

しかし、いつまでも若々しくかっこよくいるためにはUVケアが必須条件です。

夏場だけでなく、1年を通して日焼け止めを使う習慣をつくりましょう。

 

この4つに気をつければ、肌が元気になり、見た目年齢-5歳も夢ではありません。

今すぐできるので、ぜひ今日からたるみ予防、はじめてみませんか?

 

気をつけるべき生活習慣

ふだんの生活でも、たるみやシワを改善するためにできることがあります。

気をつけるべきポイントはこちら!

  1. 急激な体重増減はさけること(暴飲暴食NG)
  2. カルシウムやビタミンD、カリウムなどを多く含んだ食べ物を積極的に食べ、バランスの良い食事を心がけること
  3. 適度な運動を行い、筋肉などの萎縮をおさえること

食事や運動は肌にも大きな影響をおよぼします。

暴飲暴食はもってのほか!

若く見られたいなら、やはりある程度の努力とがまんが必要ということですね… 😐

 

顏のたるみやシワの改善に効く美容成分

たるみやシワに効く美容成分をまとめてみました。

効果 成分 かんたん解説
シワ(たるみ)を改善する レチノール(ビタミンA) 表皮のヒアルロン酸をつくるのを助けることにより、シワを改善する効果あり

資生堂が「シワを改善する」という効能を取得

三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニル

ピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニル

ベンゾイルアミノ酢酸Na(ニールワン)

2016年にPOLAが日本ではじめて「シワを改善する」という効能を取得

エラスチンを分解し、シワをつくってしまう好中球エラスターゼの働きを抑える効果がある

ナイアシンアミド(リンクルナイアシン)

ニコチン酸アミド、ビタミンB3

KOSEが「シワを改善する」という効能を取得

ビタミンBの一種で表皮と真皮に効果あり

美白有効成分にも利用される

乾燥対策 パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体) 表皮のヒアルロン酸の産生を高める効果あり

ただし、「シワを改善する」という効果は承認されていない

レチノイン酸トコフェリル(ビタミンA・E誘導体) ビタミンAのシワ改善効果とビタミンEの抗酸化効果をあわせもつ
ヒアルロン酸ジメチルシラノール(ヒアルロン酸誘導体) ヒアルロン酸よりも高い保湿効果あり
セラミド3・セラミド6Ⅱ 老化により減ってしまう成分
真皮にアプローチ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na コラーゲン生成促進効果

抗酸化効果のあるビタミンCを利用し、より深部に届くように設計されたビタミンC誘導体

3-O-セチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体) コラーゲン繊維の束の形成をうながすことでシワを抑える
パルミトイルトリペプチド‐5 真皮にあるコラーゲンの合成をうながす
ジパルミトイルヒドロキシプロリン エラスチン分解酵素(好中球エラスターゼ)のはたらきを抑える
抗酸化 フラーレン 紫外線につよい安定した抗酸化力がある
トコフェルリルリン酸Na(dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム、ビタミンE誘導体) 皮ふのなかで高い抗酸化力をもつビタミンEに変換

肌荒れ防止効果もあり

アスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリスエキス) ビタミンEよりも高い抗酸化力がある

エビやカニ、鮭などに多く含まれる

ユビキノン(コエンザイムQ10) 抗酸化効果あり
表情筋対策 アセチルヘキサペプチド‐8 表情筋の収縮をよわめて、シワを改善する
ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド ボトックス作用をもつ成分
シワをピンと伸ばす(表面にヴェールをつくる) コポリマー(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル) 皮ふ上でつっぱり感のないヴェールをつくることでシワを改善する

とくに【シワを改善する】とされるレチノールやナイアシンアミド、ニールワンなどは、医薬部外品で認可されている有効成分ですので、かなり効果が期待できます。

万能型美肌ビタミンと呼ばれることもあるそうですよ!

ぜひスキンケア用品などを買うときの参考にしてください 🙂

 

まとめ

男のたるみ改善まとめ

たるみ&シワ改善方法

  1. レーザー治療(コラーゲン回復)
  2. 超音波治療(HIFU)
  3. ヒアルロン酸注入療法
  4. スキンケア用品(化粧品)を根気よく使いつづける
  5. 顏のマッサージで肌細胞を活性化させる(舌エクササイズや美顔ローラー)
  6. しっかり保湿して肌を乾燥させないこと!
  7. 紫外線を徹底ブロック!

気をつけるべき生活習慣

  1. 急激な体重増減はさけること(暴飲暴食NG)
  2. カルシウムやビタミンD、カリウムなどを多く含んだ食べ物を積極的に食べ、バランスの良い食事を心がけること
  3. 適度な運動を行い、筋肉などの萎縮をおさえること

 

今回は以上です。

参考になればうれしいです。

ありがとうございました。

Ad

-たるみ・シミ・シワ, モテ・身だしなみ, 男の肌なやみ

© 2021 MENS SKINCARE部 Powered by AFFINGER5