スキンケア方法

肌の抗酸化とは?キレイな肌づくりのポイントは活性酸素を減らすこと

肌の抗酸化(活性酸素)

 

抗酸化って何??体や肌にどんな影響があるの??

こんなぎもんにお答えします。

 

記事のテーマは【肌の抗酸化】

肌が酸化することによってどんな影響があるのか、はたまた酸化を防ぐにはどうしたらよいか。

スキンケアアドバイザーの資格をもつ私が、【肌の抗酸化】についてまとめました。

ぜひ参考にしてください。

それではさっそく参りましょう、ラインナップは目次を確認してくださいね 🙂

 

肌の抗酸化とは?

肌の抗酸化とは、体の中を錆びつかせないことです。

鉄などが錆びているのを見かけたことがありませんか?

錆びた鉄

あれも立派な【酸化】ですね。

 

体の中が錆びる?!

同じようなことが私たちの体のなかでも起こってしまいます… 😥

肌が劣化していく原因のひとつが【肌の酸化】というわけです。

 

 

肌が酸化してしまう原因は活性酸素

肌が酸化してしまう原因は【活性酸素】です。

私たちの体は、酸素を利用してエネルギーを作りだしていますが、酸素を利用すると同時に【活性酸素】を生み出してしまっています。

この【活性酸素】が細胞を傷つけ、肌の劣化に少なからず影響しています。

また【活性酸素】はシワ、しみなどの肌トラブルのほか、ガン、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなるのです。

まじか…

 

活性酸素の働きをおさえるのは、体のなかの酵素や抗酸化物質です。

ですが【活性酸素】の生成量が多いと、酵素や抗酸化物質による無毒化が間に合わず、肌ダメージを受けてしまいます。

 

 

肌が酸化してしまうと起こる肌トラブル

男の肌悩み

肌が酸化してしまうと起こる肌トラブルの代表は【シワ・シミ】

活性酸素によって酸化を抑えることを【抗酸化】といい、活性酸素から体を守ることを【抗酸化作用】といいます。

よって、体内で増えた【活性酸素を除去】していくことが、肌トラブルの予防や、きれいな肌を保つキーポイントとなるのです。

 

 

抗酸化作用のある食べ物(飲み物)で肌をキレイに

私たちの体内では、活性酸素を無毒化する抗酸化の働きが、加齢によって低下していきます。

そのため、処理しきれなかった活性酸素は体内にたまり、より毒性の強いものへと変わっていきます。

したがって、抗酸化作用のある食べ物(飲み物)を積極的に取ることで、活性酸素を増やさないようにしていくことが大切なのです。

 

抗酸化作用のある食べ物(飲み物)一覧はこちらです 🙂

シワに効く成分 食べ物(飲み物) イメージ図
ポリフェノール 赤ワイン(ぶどう) 赤ワイン(ぶどう)
コーヒー コーヒー
アントシアニン ブルーベリー ブルーベリー
黒豆 黒豆
リコピン トマト トマト
金時人参 金時人参
マンゴー マンゴー
イソフラボン 大豆 大豆
アリシン にんにく にんにく
ねぎ ねぎ
ニラ ニラ
セサミノール ごま ごま
カテキン お茶 緑茶
メンペコ博士
毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう

さらにくわしく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

シワ改善に効く食べ物(飲み物)とは?スキンケアのプロが解説

 

肌★抗酸化の救世主となる【水素】と活性酸素の話

水素イメージ

活性酸素と水素の関係も、切っても切れない関係です。

活性酸素の中で一番有害なのが、ヒドロキシラジカルと言う物質。

 

そして水素は活性酸素(ヒドロキシラジカル)と出会うと、活性酸をとりこみ無害な水にしてくれるのです。

体内に水素を取り入れておけば、発生した活性酸素が細胞をサビさせる前に、無毒な水にすることができるというわけですね。

(参考文献:100歳まで健康に生きるための水素:自然治癒力を高め免疫力がアップする!奇跡の健康効果)

 

 

肌の抗酸化作用に良いサプリとは?

毎日の食事を考えるのもめんどくさい…

その気持ち、すっごく分かります。(笑)

食事の献立を考えるのも大変ですよね。

 

ましてや抗酸化物質の食べ物(飲み物)を取り入れて…なんて

やってらんない!

そう感じる人もいるでしょう。

 

そんなときは、上手にサプリメントを取り入れていきましょう。

サプリメントだけってのはダメですが、補助的に考えるとかなり効率の良いとり入れ方です。

 

 

 

肌の抗酸化作用があるスキンケア成分

スキンケア商品

化粧水や乳液などに含まれるスキンケア成分でも、【抗酸化】作用のあるものがあります。

代表的な成分をまとめるとこんな感じです。

抗酸化成分 内容
フラーレン 紫外線にもつよい安定した抗酸化力をもつ

ラジカルスポンジとも呼ばれる

トコフェリルリン酸Na

(dl-α-トコフェルリルリン酸ナトリウム、ビタミンE誘導体)

皮膚内で高い抗酸化力を有するビタミンEに変換される

抗酸化効果のほか、肌荒れ防止効果もある

アスタキサンチン

(ヘマトコッカスプルビアリスエキス)

ビタミンEよりも高い抗酸化力があると言われている

シワ改善効果も期待できる

ユビキノン

(コエンザイムQ10[CoQ10])

エネルギー代謝にかかわる重要な成分

高い抗酸化効果をもつが、配合制限あり

とくにシワやしみが気になる方!

化粧品やスキンケア用品を買うときの参考にしてくださいね 😉

 

 

まとめ

肌の抗酸化とは、体の中を錆びつかせないこと

肌が酸化してしまう原因は【活性酸素】

肌が酸化してしまうと起こる肌トラブルの代表は【シワ・シミ】

抗酸化作用のある食べ物(飲み物)一覧

食べ物(飲み物) 活性酸素除去成分
赤ワイン(ぶどう)、コーヒー ポリフェノール
ブルーベリー、黒豆 アントシアニン
トマト、金時人参、マンゴー リコピン
大豆 イソフラボン
にんにく、ねぎ、ニラ アリシン
ごま セサミノール
お茶 カテキン

抗酸化作用のあるスキンケア成分は、フラーレン、トコフェリルリン酸Na、アスタキサンチン、ユビキノン(コエンザイムQ10)などがある

 

 

以上です。

参考になればうれしいです。

ありがとうございました。

 

Ad

-スキンケア方法

© 2022 メンズスキンケア部 Powered by AFFINGER5